紫外線の当たりすぎは頭皮と髪に悪い

日差しが厳しくなる夏になると、顔や身体の紫外線対策を行う人が一気に増えます。ただ意外にも、髪や頭皮の紫外線対策をきちんと行わない人は多いです。
実は、肌と同じように、頭皮もまた紫外線のダメージを受けるのです。それも顔の3倍もの紫外線を浴びているというびっくりするデータがあるのです。
そのため、過剰に紫外線を受けることで薄毛が促進する可能性もあります。
ダメージを受ける理由は、髪が日焼けすると肌と同じように老化が引き起こされるからです。紫外線によって、髪の毛の柔軟性が低下してキューティクルがはがれ、内部のメラニンが分解されていきます。
その結果、タンパク質や潤いを保つアミノ酸が流失して、髪の水分保持機能が弱まってしまうのです。すると、乾燥で全体的にパサパサしたダメージヘアになってしまいます。
特にプールや海水浴などの際、髪に海水が付着した状態で紫外線を浴びると、さらに悪い影響が起こります。強い紫外線で急速にメラニンが破壊され、髪の強さを保つシスチンという成分が切断されます。
その結果、髪がごわついて痛むので、切れ毛、枝毛が一気に増えてしまうのです。
それと、頭皮が紫外線に晒されると、かゆみが発生してフケが多く分泌されることになります。フケは毛穴に溜まってしまうので、髪の毛を育てる土壌が不健康な状態となってしまいます。
頭皮と髪は連鎖しているので、健康な頭皮でないと健康な髪が育たなくなります。その結果、薄毛が進行する恐れもあります。
もし紫外線を浴びてしまった場合は、対策として冷たいタオルで冷やすことが大事です。というのも、紫外線に当たった頭皮は熱を持っているので、そのまま放置するとさらに髪の老化が進むからです。
なので、老化を止めるためにはまずは温度を下げることが必要となります。冷たいタオルで温度を下げたら、次に手持ちのトリートメントやコンディショナーでケアをしていきます。
トリートメントには保湿成分が配合されているので、夏の紫外線で傷んだ髪への対策になります。

帽子やUVカットスプレーで紫外線対策を!

夏の時期に強い紫外線に当たると、髪の内部のメラニンが分解して、髪が痛むことになってしまいます。なので、健康的な髪の毛を保つためには、毎日、UVケアを行うことが大事です。最も気軽にできる方法というと、帽子をかぶる方法が挙げられます。
昨今、デパートや大型量販店に行けば、UV効果のあるおしゃれな帽子をリーズナブルな価格で購入できます。色々な色の帽子が販売されていますが、最も紫外線を通しにくいのが黒色です。
黒を始め赤・青など濃い色になるほどUVカットの効果が高くなります。白色の帽子を選ぶ方も多いですが、紫外線カット率が65パーセントと低いです。
つまり、髪の毛を十分に守ることができないので、濃い色のものを選んだ方が良いです。
さらに、仕事での外出時など帽子をかぶることができない場合には、UVカットスプレーがUVケアとして最適です。肌の日焼け止めスプレーがあるのと同様に、髪や頭皮にもUVカットヘアスプレーがあるのです。
出かける直前に、スプレーをまんべんなくかけるだけで紫外線から防御してくれます。
ただしUVカットスプレーは、正しく使用してこそ、効果を十分に得ることができます。使う際の注意点としては、スプレーは必ず髪のスタイリング後に使用することです。
スタイリング前にかけてしまうと、髪のケアをしている最中にスプレーの成分が取れるので効果が半減してしまいます。また、髪のダメージが特に気になる部分はスプレーを重ね付けすると効果的です。
ただUVカットスプレーの中には、自身の頭皮や皮膚に合わずに、湿疹などのトラブルを引き起こすものもあります。なので、必ず使用する前にパッチテストをして確認をしておくといいです。