ハゲは遺伝するのか?しないのか?

親族にハゲている人がいると、自分も将来ハゲになる可能性があるのではないかと心配になるものですが、ハゲは実際に遺伝すると言われています。
ハゲの遺伝のしかたはどのようなものであるのか、自分はハゲやすい遺伝子を生まれながらにしてどのくらい持っているのか、そのメカニズムを知っておきましょう。
ハゲに関する研究は近年の医学的解析の進歩によりどんどん進んでいて、男性ホルモンの一つ「ジヒドロテストステロン」がその原因を握っていることが分かってきています。
これは、男性ホルモンのテストステロンと、還元酵素の5αリダクターゼという2つのものが結合することによって、体内にて生成されるもので、別名「脱毛ホルモン」とも呼ばれています。
さらに、毛乳頭に存在している男性ホルモンのアンドロゲン受容体がこのジヒドロテストステロンと結びつくことにより、TGF-β(増殖抑制因子)に変化し、毛髪の成長を抑制する命令を出したり、頭皮の皮脂を過剰分泌させたりします。
ジヒドロテストステロン(DHT)とは、毛髪育成に多大な悪影響を与える存在と認識されています。
ハゲに関する遺伝的要素は、「アンドロゲン受容体感度高の遺伝子を持つ人」「5αリダクターゼ活性が高い遺伝子を持つ人」「これら両方の遺伝子を持つ人」という3つにパターン化されます。
また、これらは父方・母方の両方から遺伝することが分かっています。
精子(父親由来)にはX染色体とY染色体、卵子(母親由来)にはX染色体が2つあり、これらのどう組み合わさるかで子どもの性別やさまざまな体質が決まります。
アンドロゲン受容体感度高の遺伝子はX染色体上に存在しますので、母親からだけ遺伝し、隔世遺伝となります。
母方の祖父がハゲていれば、必ずこのハゲ遺伝子も隔世遺伝で引き継ぐことになるわけですが、その確率は1/2となります。
もし母方の祖母の父親(曾祖父)もハゲていると、母方の祖母に受け継がれたハゲ遺伝子がある可能性が高くなりますので、そこで生まれた孫はハゲる確率がさらに高くなります。

遺伝子検査でハゲる可能性があるかどうかわかる

将来ハゲるかどうかが分かるAGA遺伝子検査というものがあります。これは、ハゲる遺伝子を持っているかどうかを調べる検査です。
隔世遺伝されるアンドロゲン受容体感度高の遺伝子だけでなく、5αリダクターゼ活性の高い遺伝子のどちらか、もしくはこれら両方を持っているかどうかを実際に知ることができます。
ちなみに5αリダクターゼ活性の高い遺伝子は優先遺伝で、父と母の両方から受け継がれますので、父母のどちらかが持っていれば確実に引き継ぐことになります。
このAGA遺伝子検査は非常に簡単にできるもので、口の中の粘膜を綿棒のようなもので擦り取って細胞採取するというものです。
クリニックだけでなく、自宅で自分で行うことができるキットも存在します。費用は約1万~3万円、結果は早くて2週間後~1ヵ月後には出ます。
口の中の粘膜であれば、自分でも不安なく採取できますので、将来が気になる人やすでにハゲの傾向が出てきている人においては気軽に試すことができる検査だと言えます。
AGAの検査では血液を採取する方法もあります。血液検査では、全身の健康状態と血中テストステロン値を調べますが、この値が高いと、将来ハゲる可能性が高くなると診断されます。
遺伝子検査でも同様のことが言えますが、これらはあくまでもハゲのリスクの確率を示すものですので、この確率が高いとしても必ずしもハゲるということではありません。
ハゲ遺伝子を持っているかどうかを認識することで、将来の毛髪に関する可能性を予測でき、早めに対処することができます。
AGA(ハゲ)への対処は早めが効果的だということが分かっていますので、これらの検査は早期治療に対しても有効だと言えます。